企業の製品開発と販路開拓を支援!女性のチカラ活用プロジェクト

  1. HOME>
  2. 事例紹介>
  3. 完了 >
  4. 【新商品開発】産院と母ごころを繋ぐ布おむつ開発、…

事例紹介

【新商品開発】産院と母ごころを繋ぐ布おむつ開発、スタート!

ご要望

子育て中の母親にいいものを届けたい

ママvoice

赤ちゃんにやさしい商品がほしい

赤ちゃんにとっていいものを

生まれたての赤ちゃんの肌に一番最初に触れるものにはいいものを使ってあげたい!と、米本マタニティクリニックの助産師さん。ママのラボラトリーcre@on!(くれよん)で制作している女性用の布ナプキンのオーガニックコットン生地を知り、布おむつの商品開発の依頼をいただきました。布ナプキンを制作している女性グループを中心に開発が始まりました。

子育て中の母親たちのミーティング開催!

できあがった布おむつを実際に育児中の母親たちに使ってもらうために、子育て中の母親たちの「布おむつ開発ミーティング」を開催。実際に使ってもらって意見交換を重ねました。開発ミーティングでは、作る側、使う側双方の立場から、サイズ、厚さ、形までたくさんの意見が出ました。サンプルを使用したモニターからのアンケートも集計しました。

布おむつって?

布おむつを使う最大のメリットは赤ちゃんが一番最初に感じる、快・不快の感情が芽生えるのを助けてくれることです。濡れたり汚れたら気持ち悪い、替えてもらったら気持ちよくなった、こういう感情が早く身に付くことでトイレトレーニングに役立ったり、何より心地よい悪いを感じることは大切なことですよね。環境やコストのこと、その他いろいろありますが、頑張りすぎないように少しずつ時々から使ってみるのもおススメです。
助産師 米本要子さん

事例一覧