企業の製品開発と販路開拓を支援!女性のチカラ活用プロジェクト

  1. HOME>
  2. 事例紹介>
  3. 完了 >
  4. 【既存商品改善】愛媛県産のキウイをもっと食卓に!

事例紹介

【既存商品改善】愛媛県産のキウイをもっと食卓に!

エビス食品

ご要望

もっと売れる商品にしたい!

ママvoice

こんな商品なら買いやすい!

エビス食品さんの求めるものとは?

愛媛県が全国生産第一位の果物「キウイ」。そのキウイを使って何か商品を作れないか?ということで、ソース作りを始めたエビス食品さん。ソースを本格的に販売するにあたって、購買層の女性たちの生の声を聞きたい!と、意見交換会を開催しました。
・手に取ってもらいやすくするためには?
・女性に好まれるパッケージや見た目は?
聞いてみました!!

意見交換会&試食会を開催しました!

意見交換会では、パッケージデザインやネーミング、ソースの味に対する意見など、いろいろな視点からの声が出ました。
・ソースにもっととろみとうまみがあったらいいな!
・もう少し高級感のあるデザインのほうがいい!
・ジュレみたいなほうがおしゃれで食べやすい!
etc...

実際にお料理に使ってみました!

実際にいろいろなお料理に使ってみて、追加で意見を出しました。
レシピやレポートをエビス食品さんに提出しました。
消費者ならではのアイデアや意見がギュッと詰まっています。

女性の声を活かした改善ポイント

1、味・・・胡椒を減らし、旨みを加えて味をまろやかに。
2、ドレッシングの形状・・・ドレッシングをジュレ状にすることで食べやすく。
3、パッケージ・・・デザインを一新予定!

意見交換会を開催してみて・・・

みなさんの意見に耳を傾けたことで、ココロのモヤモヤしていたものが整理でき、気持ちがスッキリしました。自分たちでは思いつかないようなアイデアにも驚きでした。中でも「ジュレ」や「食べるドレッシング」という発想には、目からウロコでした。なかなか出来ない貴重な体験で、大変意味のある意見交換会でした。

事例一覧